/

会長に石原都知事 2020年夏五輪招致委

理事長に竹田JOC会長、事務総長に水野副会長

日本オリンピック委員会(JOC)は6日、東京都が開催に立候補した2020年夏季五輪の招致委員会会長に石原慎太郎知事、招致活動の実質的な指揮を執る理事長に竹田恒和JOC会長が就任すると発表した。招致委は10月に発足する。

実務の責任者となる事務総長は水野正人JOC副会長に決まった。16年五輪招致でも事務総長に内定しながら、スポーツ用品メーカーのミズノ会長の立場が国際オリンピック委員会(IOC)の倫理規定に抵触するため白紙となった経緯があるが、5日付でミズノの役職を退任した。

理事には元五輪選手の鈴木大地氏や橋本聖子氏も名を連ねた。16年五輪招致で敗れた反省を踏まえ、招致委には理事会とともに、政財界のメンバーで構成する評議会も設置される。

20年五輪招致には東京、ローマ、マドリード、イスタンブール(トルコ)、バクー、ドーハの6都市が立候補。IOCは来年5月の理事会で第1次選考を行い、開催都市は13年9月のIOC総会(ブエノスアイレス)で決定する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン