/

大山加奈が現役引退 バレーボール元日本代表

バレーボール女子元日本代表の大山加奈(26)=東レ=が29日、現役引退を発表した。今後はプレミアリーグの東レに残って競技に携わっていく予定で、チームを通じ「17年間のバレーボール人生に区切りを打つことになりました。今後は普及や発展のために貢献していきたい」などとコメントした。

大山は東京・成徳学園高(現下北沢成徳高)から2003年に東レに入社。187センチの長身から繰り出す強烈なスパイクを武器に活躍し「パワフル・カナ」の愛称で人気を集めた。04年アテネ五輪では日本の5位入賞に貢献したが、その後は持病の腰痛が悪化。一昨年夏に手術を受けて再起を目指していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン