/

藤田「幸せなサッカー人生」 欧州で監督目指す

今後は指導者の道を歩むことを明らかにしたサッカー元日本代表の藤田俊哉(3日、東京都内)=共同

サッカー元日本代表で、J1磐田などで活躍したMF藤田俊哉(40)が3日、東京都内で引退記者会見を開き「幸せなサッカー人生だった。将来、欧州で監督をしたいという気持ちが大きく、この決断に至った」と晴れやかな表情で述べた。

今後は日本の指導者資格である公認S級を取得した上で、来夏からオランダ1部リーグのVVVフェンロの下部組織などで指導者の道をスタートさせるという。

藤田は静岡・清水商高から筑波大を経て、1994年に磐田入り。MFとしてJ1で100得点した唯一の選手で、磐田の3度のリーグ制覇などに貢献した。「97年に磐田でリーグ初優勝したときのジェフ戦が一番心に残っている。ワールドカップのアジア予選のシンガポール戦で1点、取った。あれはよかった」と、現役時代の思い出のシーンを挙げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン