/

JFL降格の町田を「戦える集団に」 秋田新監督が抱負

日本フットボールリーグ(JFL)に降格するJ2町田の監督に就任した秋田豊氏(42)が27日、東京都町田市内で記者会見し「戦える集団をつくっていきたい」と抱負を述べた。来季終了までの1年契約で、この日から指導を開始した。

今季はJ2の東京Vでコーチを務めていた秋田新監督は、最下位に終わった町田の印象について「(JFLに)落ちるようなチームではないと感じていた」と話した。

天皇杯全日本選手権で16強入りしており、12月15日の4回戦でJ1のG大阪と対戦する。「変わった姿を必ず見せたい。勝ちにこだわりながら戦っていきたい」と意欲的だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン