2019年1月19日(土)

「自白強要」と国賠請求 盗撮無罪、発達障害の男性

2010/7/13付
保存
共有
印刷
その他

女性を盗撮しようとしたとして東京都迷惑防止条例違反罪で一審は有罪とされ、東京高裁で逆転無罪が確定した発達障害のある横浜市内の20代男性が13日、「警視庁と東京地検に自白を強要された」として都と国に1100万円の損害賠償を求め横浜地裁に提訴した。

訴状によると、男性は2008年6月、女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして警視庁に書類送検された。男性は容疑を否認したが、警察官は「うそついてんじゃねえよ」と怒鳴るなどして自白調書を作成。検察官も、男性の携帯電話に盗撮画像が残っていないなどの矛盾を見過ごすなどし、男性は「違法な捜査で精神的苦痛を受けた」と主張している。

男性は一審の東京簡裁で有罪判決を受ける直前、アスペルガー障害と診断された。高裁は今年1月の判決で、男性が障害のために混乱しやすく、やましいことがなくても謝ってしまった可能性を指摘。「自白調書は捜査官が誘導したか、作文した疑いがぬぐえない」と無罪を言い渡した。

警視庁は「訴状を見ておらず、コメントしかねる」、東京地検は「訴えが確認できれば、関係当局と協議して、適切に対処したい」としている。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報