距離で早大・宮沢が優勝 全日本学生スキー

2011/2/22付
保存
共有
印刷
その他

スキーの全日本学生選手権第5日は22日、秋田県鹿角市の花輪スキー場で行われ、距離男子30キロクラシカルは1年生の宮沢大志(早大)が1時間16分50秒5で優勝した。ユニバーシアード銀メダルのレンティング陽が2位、個人3冠を目指した柏原暢仁が3位に入り、早大勢が上位を占めた。

女子10キロクラシカルは、4年生の笠原千裕(日大)が28分43秒7で制した。ジャンプ団体は、早大(原田侑武、小山祐、渡部善斗)が合計650.7点で2連覇した。

学校対抗の男子は早大が3年連続20度目の優勝を決めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]