J1名古屋のFW、玉田が左足首手術へ 全治2カ月

2012/6/26付
保存
共有
印刷
その他

J1名古屋は26日、元日本代表のFW玉田圭司(32)が27日に名古屋市内の病院で左足首の手術を受けると発表した。関節内遊離体の摘出と骨棘の切除を行う。全治は約2カ月。クラブによると、完治を目指すために手術を決断したという。

2010年にも左足首を手術した玉田は今季、不安を抱えながら試合に出場していたが、5月29日にアウェーで行われたアジア・チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のアデレード(オーストラリア)戦で状態が悪化し、その後は別メニューでの調整となっていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]