/

大回転少年男子は広島が優勝 国体スキー最終日

少年男子大回転で優勝した広島聖也(19日、花輪スキー場)=共同

国民体育大会冬季大会スキー競技会最終日は19日、秋田県鹿角市の花輪スキー場で行われ、大回転で争うアルペンの少年男子は広島聖也(北海道・双葉高)が57秒99で優勝した。

距離40キロリレーの成年男子は北海道が1時間45分49秒8で制した。少年男子は秋田が1時間49分15秒8で勝ち、8連覇を狙った新潟は3位に終わった。

男女総合は北海道が2年ぶり55度目、女子総合は秋田が4年連続5度目の優勝を果たした。

次回大会は山形県で開催される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン