/

巨人、井端との契約合意を発表 二塁手の強化目指し

巨人は26日、今季まで中日でプレーしていた井端弘和内野手(38)と来季の契約で合意したと発表した。入団記者会見は後日行う。井端は中日から年俸の大幅減額を提示され、契約がまとまらず、退団が発表されていた。

巨人は原沢敦球団代表が「補強ポイントの一つ」と語っていたように、二塁手の強化を目指していた。井端は中日でベストナインを5度、ゴールデングラブも7度受賞。ことし3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表として活躍したが、シーズンでは故障の影響もあり、打率2割3分6厘、1本塁打、18打点に終わった。10月に右足首と右肘の手術を受けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン