古葉監督率いる東京国際大が初優勝 野球の東京新大学リーグ

2011/5/31付
保存
共有
印刷
その他

プロ野球広島を3度の日本シリーズ制覇に導いた名将、古葉竹識氏が監督を務める東京国際大は31日、東京新大学春季リーグで初優勝と初めての全日本大学選手権出場を決めた。同日、さいたま市川通公園球場で行われたリーグ最終週の杏林大2回戦に11-2で七回コールドゲーム勝ちして連勝、全校から勝ち点を挙げる勝ち点5の完全優勝で初制覇を飾った。

古葉監督は2008年春から東京国際大を率い、これまでは09年秋の2位が最高だった。広島でリーグ優勝4度と黄金時代を築き、大洋(現横浜)でも指揮を執った。1999年に野球殿堂入りしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]