/

旭化成陸上部の宗猛監督が総監督就任へ 後任は西コーチ

旭化成は19日、陸上部の宗猛監督(60)が退任して来年4月1日付で総監督となり、後任に西政幸コーチ(49)が昇格すると発表した。宗監督は引き続き選手を指導するという。

宗監督は双子の兄、茂氏とともにマラソンの日本のトップ選手として活躍し、1984年ロサンゼルス五輪で4位入賞。現役引退後は副監督を経て2008年から監督を務めている。現在は日本陸連の中長距離・マラソン部長でもあり「リオデジャネイロ五輪に向けて選手発掘、育成に力を入れたい」とコメントした。

87年世界選手権マラソン代表の西氏は96年からコーチとして宗氏を支えてきた。「大役に光栄な思いと重責を感じている。旭化成の伝統が引き継がれる元気なチームを目指す」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン