2019年9月22日(日)

プロ野球

中日・浅尾、右肩関節の損傷 3月に投球再開予定

2013/2/26付
保存
共有
印刷
その他

中日は26日、右肩の張りでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表から外れ、キャンプを離脱している浅尾拓也投手が25日、名古屋市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)などによる精密検査を受け、右肩関節腱板損傷と診断されたと発表した。

浅尾は昨年5月にも同じ箇所を痛め約4カ月間、1軍を離れた。現在は痛みはなく、25日には50メートルの距離でキャッチボールを行い、3月にはブルペンで捕手を立たせたまま投球を再開する予定だという。

右脚を痛めキャンプを離脱したドラフト1位の新人、福谷浩司投手(慶大)も精密検査の結果、右内転筋損傷と診断された。ドラフト4位の杉山翔大捕手(早大)も当初と同じ左肘関節内側側副靱帯損傷と診断された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

1回、引退試合の登板を終え、小川監督(手前)にねぎらわれるヤクルト・館山(21日、神宮)=共同

 ヤクルト一筋でプレーし、ともに今季限りで引退する館山昌平投手(38)と畠山和洋内野手(37)が21日、神宮球場での中日24回戦に引退試合として臨んだ。
 17年間のプロ生活を終える館山は先発して大島を …続き (21日 22:21)

 西武の平井克典投手が21日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天22回戦で八回に今季79試合目の登板を果たし、1961年の稲尾和久(西鉄=現西武)の78試合を抜いてパ・リーグ新記録を樹立した。プロ野球記 …続き (21日 22:02)

5年ぶり37度目のセ・リーグ優勝を決め、胴上げされる巨人・原辰徳監督(21日、横浜スタジアム)=共同

 昨秋、自身3度目の巨人監督に就くにあたって「チームは一つ。巨人軍が、個人軍であってはいけない」と強調した。優勝から遠ざかるチームを3年間、グラウンドの外から見つめてきた原監督は、組織を戦う集団にまと …続き (21日 21:44)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。