中村・那須川ら女子6選手、ロンドン・マラソンへ出発

2011/4/12付
保存
共有
印刷
その他

今夏の世界選手権(大邱=韓国)代表選考会に指定されたロンドン・マラソン(17日)に出場する女子の6選手が12日、ロンドンへ向けて出発前に成田空港で取材に応じ、2008年北京五輪代表の中村友梨香(天満屋)は「準備期間が延びたと思ってやった。世界選手権、五輪に出たい気持ちが強いので頑張りたい」と意欲を語った。

東日本大震災の被害を受けた岩手県奥州市出身の那須川瑞穂(ユニバーサルエンターテインメント)は「地元から応援の声をもらっている。いろんな人の思いを背負い、走りきりたい」と言葉に力を込めた。

世界選手権の代表選考は3月13日に開催予定だった名古屋国際女子マラソンが最後のレースに指定されていたが、直前に発生した東日本大震災の影響で中止となり、海外の3大会が代替選考会となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]