/

ジャンプの岡部が引退、コーチ就任 長野五輪団体で金

ノルディックスキー・ジャンプで1998年長野冬季五輪団体金メダルのメンバーだった43歳の岡部孝信が今季限りで現役を退き、所属する雪印メグミルクのコーチに就任することが11日、関係者の話で分かった。

岡部は身長165センチと小柄ながら鋭い踏み切りを武器に94年リレハンメル五輪の団体銀メダルにも貢献。2010年バンクーバー五輪では日本選手団主将を務めた。ワールドカップ(W杯)は通算5勝。最後の勝利は38歳だった09年3月で、今年1月に41歳の葛西紀明(土屋ホーム)が勝つまでW杯優勝の最年長記録だった。

今季はソチ五輪代表からは外れたが、3月2日に国内大会で勝つなど健在ぶりを示していた。

雪印メグミルクは原田雅彦コーチが監督に就き、斎藤浩哉監督は退任する。ともに岡部と同じ長野五輪の団体金メダリスト。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン