2019年8月21日(水)

知床「100平方メートル運動」完了、33年かけ土地全取得

2010/11/9付
保存
共有
印刷
その他

北海道の知床国立公園内の離農跡地を、全国からの寄付金で買い取って守る「しれとこ100平方メートル運動」を進めてきた斜里町は9日、対象地のうち最後まで取得できなかった約12ヘクタールを、約1400万円で購入する契約を地権者と結んだ。

これにより、寄付金で購入し保全する「ナショナルトラスト」の国内の先駆けだった運動は、開始から約33年で約471ヘクタールの取得を完了。町は引き続き募金を集め、世界自然遺産にも登録された知床の自然の再生事業を進める。

運動は1977年に開始。100平方メートル分の取得費として1口8千円だった募金は、97年に目標額を超え約5億2300万円に。その後も「100平方メートル運動の森・トラスト」事業として、寄付金を募り、植林やサケ・マス放流などの森林再生に取り組んできた。

土地取得は2001年11月までに約459ヘクタール(97%)を達成したが、残りは地権者との話し合いが続いていた。

もともとの町有地と合わせた運動地は約862ヘクタール。村田均町長は「運動参加者の意志に背くことなく、100年、200年後も変わらない森づくりをしたい」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。