/

サッカー国際試合日削減へ FIFA理事会で討議

【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は5日、加盟協会が代表選手を招集できる2015~18年の国際試合日について話し合い、2、8月の国際親善試合日をなくすなどしてこれまでよりも代表戦の数を減らす案をまとめた。29、30日のFIFA理事会で討議する。

毎年3、9、10、11月と隔年の6月に2試合ずつ、2年間で計18試合が行えるようにする。国際試合日は11、12年で計24試合、13、14年で計22試合となっている。欧州のクラブなどから試合数削減を求める声が高まっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン