/

李娜、4年ぶりに8強 クライシュテルス、エナンに逆転勝ち

【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第7日は28日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス4回戦で第9シードの李娜(中国)が第7シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)に6-3、6-2で快勝し、4年ぶりのベスト8入りを果たした。

元世界ランキング1位同士のベルギー勢対決はキム・クライシュテルスがジュスティーヌ・エナンに2-6、6-2、6-3で逆転勝ちし、2年ぶりの優勝を狙う第2シードのビーナス・ウィリアムズ(米国)とともに準々決勝に進出。第4シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)は第2セット途中で棄権した。

男子シングルス4回戦で2連覇を目指す第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)はユルゲン・メルツァー(オーストリア)を6-3、6-2、6-3で圧倒した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン