/

なでしこリーグ、来季から3部制に移行

日本女子サッカーリーグは17日、来季からなでしこリーグを1部10チーム、2部10チームに再編成し、東西各6チームに分かれた下部のチャレンジリーグと合わせた3部制に移行するリーグ改革を発表した。日本の女子サッカーの発展に向け、ことしから3年間で各クラブの運営力や選手のプレー環境の向上を図る構想の一環。

2部は1部入りを目指すチームだけで構成し、強化を目的にこれまでリーグに参加していた大学や高校などはチャレンジリーグに回る見通し。昇降格や入れ替えの詳細は後日発表する。

各リーグの参加条件をまとめたガイドラインは来季から施行。1部のチームには普及を含めてサッカー活動に専念できる選手が3人以上いることを義務づけ、試合や練習時のけがの治療費をチームが負担し、15歳以下のアカデミーチームを保有することなどを項目に設けている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン