/

日本、内村のつり輪から演技 体操男子団体決勝

体操は8チームによる男子団体総合決勝を行い、予選5位で通過した日本は2004年アテネ五輪以来2大会ぶりの金メダルを目指し、2連覇を狙う中国と同じローテーションでつり輪から演技をスタートする。エースの内村航平(コナミ)がトップバッターを務める。

決勝は種目ごとに各チーム3人が演技した得点合計で争われ、日本は内村を全6種目、田中和仁(徳洲会)山室光史、田中佑典(ともにコナミ)加藤凌平(順大)をそれぞれ3種目に起用した。

予選1位の米国は2位のロシアとともに床運動から登場。予選の得点は持ち越さない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン