/

第1回五輪のメダル紛失 故遠藤さんが博物館に寄贈

スポーツの歴史で貴重な所蔵品を展示している秩父宮記念スポーツ博物館(東京都新宿区)が15日、1896年にアテネで開催された第1回近代五輪の「優勝メダル」を紛失し、警視庁四谷署に盗難届を提出したと発表した。メダルは1964年東京五輪金メダリストの故遠藤幸雄さんが同博物館に寄贈していた。

博物館を管理する日本スポーツ振興センターによると、このメダルは第1回五輪の体操の鉄棒で優勝した故ヘルマン・ワインガルトナー氏(ドイツ)が獲得した。当時の優勝メダルは金でなく銀製で、日本びいきだった同氏の子息が東京五輪の体操で最も優れた成績を残した選手に贈ることを西ドイツ紙の特派員に依頼。東京五輪で日本人初の体操個人総合金メダルを獲得した遠藤さんの手に渡り、日本オリンピック委員会(JOC)を通して博物館で保管されていた。

JOC事務局は「貴重なメダルなので、一刻も早く戻ってくることを願いたい」としている。

同センターによれば、博物館内に防犯カメラはなく、メダルは施錠されたガラスケースに保管されていたが、吸盤などを使えば上部のガラスは持ち上げられる構造だった。優勝メダルは直径48.9ミリ、厚さ3.6ミリ、重さ68グラム。14日午前11時半ごろ、担当者が館内を点検した際に紛失に気づいた。同センターは「日本や世界のスポーツ史において貴重な所蔵品が盗まれる事態になり、深くおわびする。厳正な管理を徹底し、再発防止に努める」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン