2019年5月21日(火)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング高山、日本初の4団体制覇に意欲 8月統一戦

2014/6/23付
保存
共有
印刷
その他

WBOとの王座統一戦を発表し、ベルトを着けてポーズをとる高山勝成(23日、東京都渋谷区)=共同

WBOとの王座統一戦を発表し、ベルトを着けてポーズをとる高山勝成(23日、東京都渋谷区)=共同

国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級チャンピオンの高山勝成(仲里)が23日、東京都内で記者会見し、8月9日にメキシコのモンテレイで、世界ボクシング機構(WBO)同級王者のフランシスコ・ロドリゲス(メキシコ)と王座統一戦で対戦すると正式に発表した。

31歳の高山が勝てば、世界ボクシング評議会(WBC)と世界ボクシング協会(WBA)暫定に続き、日本初の主要4団体制覇を達成する。年内に統一戦が決まらなければ階級を上げることも考えていたといい「一番望んでいた闘い。チャンスでつかみ取る」と意欲を示した。20歳のロドリゲスは16戦14勝(10KO)2敗で強打が持ち味。プロ35戦目の高山は「自分には経験があるので、しっかり闘う」と冷静に語った。

この日はプロ野球や格闘技の選手のトレーニングを手掛けるケビン山崎氏のジムで、体の重心移動を意識しながら軽く汗を流した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

WBSSバンタム級準決勝で勝利した井上尚弥(左)と決勝で対戦するノニト・ドネア

 18日に英国グラスゴーで行われたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で、井上尚弥(大橋)がKO勝ちして決勝に駒を進めた。「階級最強」の勲章をかけて最後に対するのは、5階 …続き (20日 19:31)

10回、フェリックス・アルバラード(左)と攻め合う小西伶弥(19日、神戸ポートピアホテル)=共同

 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は19日、神戸市の神戸ポートピアホテルで行われ、挑戦者で同級3位の小西伶弥(真正)は王者のフェリックス・アルバラード(ニカラグア)に0 …続き (19日 20:54)

全勝の王者対決も2回TKOで完勝。看板に偽りなしの強さを見せた井上尚=ロイター

 近代ボクシング発祥の地であり、その熱狂ぶりで知られる英国のファンも大喜びだった。全勝王者対決に完勝した井上尚は「ロドリゲス相手にこの勝ち方。すごくホッとしている」。日本から多くのファンとメディアを引 …続き (19日 13:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]