/

ボクシング高山、日本初の4団体制覇に意欲 8月統一戦

WBOとの王座統一戦を発表し、ベルトを着けてポーズをとる高山勝成(23日、東京都渋谷区)=共同

国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級チャンピオンの高山勝成(仲里)が23日、東京都内で記者会見し、8月9日にメキシコのモンテレイで、世界ボクシング機構(WBO)同級王者のフランシスコ・ロドリゲス(メキシコ)と王座統一戦で対戦すると正式に発表した。

31歳の高山が勝てば、世界ボクシング評議会(WBC)と世界ボクシング協会(WBA)暫定に続き、日本初の主要4団体制覇を達成する。年内に統一戦が決まらなければ階級を上げることも考えていたといい「一番望んでいた闘い。チャンスでつかみ取る」と意欲を示した。20歳のロドリゲスは16戦14勝(10KO)2敗で強打が持ち味。プロ35戦目の高山は「自分には経験があるので、しっかり闘う」と冷静に語った。

この日はプロ野球や格闘技の選手のトレーニングを手掛けるケビン山崎氏のジムで、体の重心移動を意識しながら軽く汗を流した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン