名古屋の楢崎、GK初のMVP Jリーグ年間表彰式

2010/12/6付
保存
共有
印刷
その他

Jリーグは6日、東京都内で年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開き、最優秀選手賞は名古屋の1部(J1)初優勝に貢献した楢崎正剛(34)がGKとして初受賞した。昨季までの新人王から名称などを変更したベストヤングプレーヤー賞には2位G大阪の18歳、宇佐美貴史が輝いた。

ベストイレブンはG大阪の遠藤保仁(30)が8年連続8度目となり、自らの最多記録を更新。名古屋からは楢崎、7年連続のDF田中マルクス闘莉王(29)ら最多の5人を選出した。得点王(17得点)は磐田の前田遼一(29)と名古屋のケネディ(28)で、前田は史上初の2年連続受賞。

最優秀監督賞は名古屋のストイコビッチ監督(45)が初受賞。最優秀主審賞は西村雄一氏(38)が2度目、最優秀副審賞は相楽亨氏(34)が3度目の受賞。最優秀育成クラブ賞は2部(J2)に降格したFC東京が選ばれた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]