/

鶴竜、71代横綱に 横審が全員一致で推薦

モンゴル出身4人目

横綱審議委員会が全会一致で横綱に推薦して昇進が事実上決まった大関鶴竜(24日、大阪市西成区の井筒部屋宿舎前)=共同

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審=内山斉委員長)は24日、東京・両国国技館で開かれ、大関鶴竜(28)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=を全会一致で横綱に推薦し、第71代横綱昇進が事実上決まった。

23日千秋楽の大相撲春場所で初優勝した鶴竜は2場所連続の14勝1敗と好成績を収め、昇進を確実にしていた。

相撲協会は26日午前に夏場所番付編成会議と理事会を開き、正式に昇進を決定する。モンゴル出身で4人目、外国出身では6人目の横綱となる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン