/

日本男子に五輪出場枠 重量挙げアジア選手権

重量挙げのロンドン五輪予選を兼ねたアジア選手権最終日は30日、韓国の平沢で行われ、日本男子が五輪出場枠を1枠獲得できる見通しとなった。代表選手は今大会など三つの選考大会の記録を基に選考され、5月12日に開かれる日本協会の理事会で決まる。

日本協会によると、出場枠を得ていない各国・地域の順位点合計で暫定1位となり、1枠が与えられる上位7位までに入った。最終順位はドーピング検査の結果などを経て決まる。

男子105キロ超級で太田和臣(九州国際大職)がジャーク226キロ、トータル410キロで、ともに自身の日本記録を更新して5位に入った。長谷川康(法大)がトータル331キロで8位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン