/

為末「五輪へ最後の挑戦」 米から帰国

陸上男子400メートル障害の日本記録保持者、為末大(CHASKI)が30日、活動拠点の米国から成田空港に帰国し、ロンドン五輪に向けて「最後の挑戦になる。現状は想定した8~9割まできている。6月の日本選手権にピンポイントで合わせたい」と意気込んだ。

34歳の誕生日に迎える今季初戦、5月3日の静岡国際は「49秒前半ぐらいで走りたい」と目標を設定。五輪参加標準記録A(49秒50)の突破に「それほど難しくない。楽観視している」と語った。米国では砂浜や坂道で練習を重ねた。2月に左ふくらはぎを痛めた以外はほぼ順調な調整だったという。

所属先は「a-meme」から地元の広島に自身が設立した子ども向けの陸上クラブ「CHASKI」に変更した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン