/

北教組幹部ら2人起訴、札幌地検

民主・小林陣営へ不正資金提供

民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営に不正に資金提供したとして、札幌地検は22日、政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反の罪で、北海道教職員組合(北教組)の委員長代理長田秀樹容疑者(50)と、陣営の経理担当だった木村美智留容疑者(46)を起訴した。

両罰規定を適用し、団体としての北教組も起訴。北教組の書記長小関顕太郎容疑者(54)、会計委員南部貴昭容疑者(52)については、従属的な立場だったとして、起訴猶予処分とした。

起訴状によると、北教組は、昨年8月の衆院選をめぐり、2008年12月から昨年7月にかけ、小林氏陣営に4回、計1600万円を提供したとされる。

選挙では、長田被告が小林氏陣営の選対委員長を務めるなど、北教組が北海道5区の「責任組合」として民主党を全面支援していた。

小林議員はこれまでの取材に対し、事件への関与を否定した上で、進退について「検察の処分内容を踏まえて判断したい」と説明していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン