2019年8月25日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

穴井、4年ぶりV花道に引退 全日本柔道男子

2013/4/29付
保存
共有
印刷
その他

柔道の全日本選手権で4年ぶり2度目の日本一となって現役を引退した穴井隆将(29日、東京千代田区の日本武道館)=共同

柔道の全日本選手権で4年ぶり2度目の日本一となって現役を引退した穴井隆将(29日、東京千代田区の日本武道館)=共同

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(8~9月・リオデジャネイロ)男子100キロ超級代表選考会を兼ねて行われ、ロンドン五輪100キロ級代表の28歳、穴井隆将(天理大職)が決勝で初出場の20歳、原沢久喜(日大)に優勢勝ちし、4年ぶり2度目の日本一となって現役を引退した。

穴井は準々決勝で昨年3位の百瀬優(旭化成)に優勢勝ちし、準決勝では開始14秒に昨年準優勝の石井竜太(日本中央競馬会)から体落としで一本を奪った。86キロの垣田恭兵(旭化成)が石井とともに3位になった。

2連覇を狙った加藤博剛(千葉県警)は3回戦敗退。井上康生以来17年ぶりの高校生出場となった静岡学園高3年の18歳、佐藤和哉は初戦の2回戦で優勢勝ちしたが、3回戦で百瀬に敗れた。

100キロ超級の世界選手権代表は全日本選抜体重別選手権(5月11、12日・福岡国際センター)後に決まる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

2度目の防衛から一夜明け、記者会見でポーズをとるWBOフライ級王者の田中恒成(25日、名古屋市)=共同

 24日の世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチで2度目の防衛を果たした王者の田中恒成(畑中)が一夜明けた25日、名古屋市内で記者会見し「KOで勝ててよかった。(試合を決めた7回は)ギアを …続き (14:15)

7回、ジョナサン・ゴンサレス(左)を攻める田中恒成=共同

 世界戦でKO勝ちしたボクサーとは思えないような、試合後の田中の表情だった。「内容は最悪」。さきの甲子園で2度の7イニング逆転劇で快進撃した母校、中京学院大中京になぞらえ7回逆転KOを語る姿もどこか自 …続き (24日 20:30)

記者会見する朝比奈沙羅(24日、東京都内)=共同

 日本で9年ぶりに開催される柔道の世界選手権は25日、日本武道館で開幕する。来年の東京五輪に向け活躍が期待される日本の有力選手が24日、東京都内で記者会見し、女子78キロ超級で2連覇を狙う朝比奈沙羅( …続き (24日 19:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。