/

長谷部がEフランクフルトへ移籍 独メディア報道

ドイツのメディアは長谷部(右)がアイントラハト・フランクフルトに移籍することが決まったと報じた=共同

【ケルン(ドイツ)=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本代表MF長谷部誠がドイツ1部リーグのニュルンベルクからアイントラハト・フランクフルトに移籍することが決まり、1部昇格のケルンが2部の1860ミュンヘンに所属する日本代表FW大迫勇也を獲得することで合意したとドイツのメディアが2日付で報じた。

大衆紙ビルト(電子版)によると、長谷部は日本代表の米国合宿出発前に日本で契約書にサインを済ませた。代理人のクロート氏が契約書を持ち帰り、Eフランクフルト側がサインする。2部降格のニュルンベルクは長谷部の契約が1部の場合に有効だったため、移籍金が発生しないという。

専門誌キッカーによると、大迫は3年契約、移籍金が約150万ユーロ(約2億1千万円)で今週中にもサインするという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン