/

中日・井端が退団へ 大幅減俸受け入れず

中日の西山和夫球団代表は4日、井端弘和内野手(38)と来季の契約を結ばないことを明らかにした。今季の年俸1億9千万円から減額制限を大幅に上回る球団提示を井端が受け入れなかったとみられ、球団は自由契約の手続きを取った。

井端はベストナイン5度、ゴールデングラブ賞7度受賞し、抜群の守備力と好打を武器に長く中日の中心選手としてプレー。ことしのワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表で活躍したが、今季は故障もあって打率2割3分6厘、1本塁打、18打点にとどまっていた。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン