/

「はやぶさ」の落下カプセル確認

14日午後回収

【ウーメラ(オーストラリア)=共同】宇宙航空研究開発機構は日本時間14日、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが、着地予定地であるオーストラリア南部ウーメラ付近の砂漠に落ちているのをヘリコプターから目視で確認したと発表した。

「はやぶさ」のプロジェクトを率いた川口淳一郎宇宙機構教授は同日未明、記者会見し「この成果は諸先輩が築き上げた技術・科学の上に成り立っている。はやぶさに助けられてここまで運用できた。プロジェクトチームの皆さんに感謝している」と述べた。

宇宙機構は同日午前、小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性があるカプセルの破損の有無や、まだ見つかっていない耐熱用の外殻の所在などを空から調べた上で、14日午後、地上から現場に向かい、それぞれ回収する。

その後、ウーメラの回収作業拠点で専用コンテナに厳重に梱包。作業が順調なら17日に現地を出発し、18日に相模原市の宇宙機構相模原キャンパスに設けた専用の分析施設に運び込む予定だ。担当者は、砂が入っていたとしても、小惑星「イトカワ」のものと確定するのに早くても約1カ月かかるとしている。

はやぶさは2005年にイトカワに着陸。砂を舞い上がらせてカプセルに取り込むための金属球2個の発射はできなかったとみられているが、着陸の衝撃で舞い上がった砂が、カプセルの開口部から中に入った可能性が残っているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン