/

16歳の三部が男子単で最年少優勝 卓球のチリ・オープン

卓球のワールドツアー、チリ・オープンは13日、サンティアゴで行われ、男子シングルス決勝は16歳の三部航平(青森山田高)がアルゼンチン選手を4-3で下し、同種目でツアー最年少優勝を達成した。国際連盟によると、昨年のポーランド・オープンで樊振東(中国)がマークした16歳292日の記録を8日間更新した。及川瑞基(青森山田高)は3位だった。

女子シングルス決勝は17歳の前田美優(福岡・希望が丘高)が13歳の早田ひな(石田ク)を4-1で下し、日本協会によると日本勢で石川佳純(全農)に次ぐ2番目の若さでツアー制覇。2000年7月生まれの早田は前週のスペイン・オープンで2000年4月生まれの平野美宇(エリートアカデミー)がマークしたツアー最年少の決勝進出記録を塗り替えた。準決勝で牛嶋星羅(埼玉・正智深谷高)は前田に、松平志穂(ミキハウス)は早田に敗れた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン