/

鶴竜が初の綱とり、遠藤は東前頭筆頭に 大相撲春場所新番付

日本相撲協会は24日、大相撲春場所(3月9日初日・大阪市ボディメーカーコロシアム)の新番付を発表し、初の綱とりに挑む大関鶴竜は8場所ぶりに東正位へ座った。先場所は初優勝を逃したが、14勝1敗で横綱白鵬との優勝決定戦に持ち込んだ。

2場所連続29度目の優勝を目指す白鵬は2場所ぶりに東正位。左足首の負傷で先場所全休の横綱日馬富士は西に戻った。

西前頭10枚目だった先場所に11勝を挙げ、初の敢闘賞に輝いた23歳の遠藤は入幕4場所目で自己最高位の東前頭筆頭に躍進した。横綱、大関陣と総当たりの地位となる。

他の大関陣は、右足親指を痛めて先場所千秋楽を休場して負け越した東の稀勢の里が初のかど番を迎える。琴奨菊は西となった。

関脇は東の豪栄道が昭和以降単独2位の12場所連続関脇で、琴欧洲と2場所ぶりに返り咲いた栃煌山が西に就き、2011年秋場所以来の3関脇となった。小結は10場所ぶりの豊ノ島が東、2場所ぶりの松鳳山が西に復帰した。

新入幕は2人。22歳の大器、照ノ富士がモンゴル出身20人目の幕内力士となり、千代丸は弟の千代鳳と史上8組目の兄弟同時幕内を果たした。常幸龍、東龍、天鎧鵬が再入幕。

再十両は右膝の大けがで序二段まで転落しながら2年ぶりに復帰したロシア出身の阿夢露ら3人。新十両は17場所ぶりに不在だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン