/

長友がセリエA初ゴール インテル5?2で快勝

【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都が6日、ホームで行われたジェノア戦で移籍初ゴールをマークした。チームは5-2で快勝した。

ベンチスタートだった長友は4-1の後半33分から左サイドバックで出場。直後にシュートを放つなど積極的に攻撃参加し、同39分にゴールのほぼ正面でパスを受けて得点した。

FW森本貴幸のカターニアはアウェーでフィオレンティナに0-3で完敗した。森本はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン