2019年1月20日(日)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

V30懸かる白鵬が東横綱 豪栄道は14場所連続関脇

2014/6/30付
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は30日、大相撲名古屋場所(7月13日初日・愛知県体育館)の新番付を発表し、大鵬、千代の富士に次いで史上3人目となる優勝30度の大台が懸かる横綱白鵬が3場所続けて東正位に座った。横綱在位42場所は朝青龍と並び史上8位。他の2横綱は日馬富士が西、9勝の新横綱場所から巻き返しを期す鶴竜が東となった。

大関は先場所13勝の稀勢の里が東、先場所は5勝10敗で3度目のかど番を迎える琴奨菊が西。

新三役と新入幕はいなかった。東の関脇豪栄道は魁皇を抜いて昭和以降単独トップの14場所連続在位を記録した。先場所10勝の栃煌山が3場所連続で西関脇。小結は東にベテラン安美錦が8場所ぶりに復帰し、35歳8カ月で戦後7番目の年長で三役昇進を果たした。西はブルガリア出身の碧山で11場所ぶり。ホープの遠藤は2場所連続負け越しで西前頭5枚目に下がった。

再入幕は鏡桜、東龍、若の里の3人。若の里は37歳11カ月で昭和以降5番目の年長入幕となった。新十両は横綱8人を生んだ相撲どころの北海道から13年ぶりに誕生した関取の旭大星、初土俵から所要85場所で史上4位タイのスロー出世となる若乃島、埼玉栄高出身の大栄翔の3人。再十両はグルジア出身の元小結栃ノ心、希善龍、栃飛龍の3人だった。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

松鳳山(手前)をはたき込みで破る白鵬(19日、両国国技館)

 大相撲初場所7日目(19日・両国国技館)一人横綱の白鵬は落ち着いて松鳳山をはたき込み、初日からの7連勝で単独トップに立った。6連勝していた阿武咲が魁聖に突き出されて初黒星を喫した。
 大関高安は琴奨菊 …続き (19日 19:05)

(西) (東)
照強X―X豊山
大奄0―0矢後
千国2―2輝 
明生1―0大丸
琴勇3―3佐海
勢 0―0琴恵
阿炎0―2千翔
宝富2―1竜電
嘉風2―0朝山
魁聖1―10琴奨
隠岐7―3大栄
千大2―4正代
北富2―2遠藤
…続き (19日 18:12)

(勝)       (負)
千代国 首投げ   豊 山
琴勇輝 突き出し  大奄美
矢 後 押し出し  大翔丸
明 生 突き出し  琴恵光
 勢  寄り切り  千代翔
阿 炎 押し出し  宝富士
遠 藤 寄り切り  …続き (19日 18:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]