/

馬術の杉谷、5大会連続五輪代表 夏季、日本勢で最多タイ

【アーヘン(ドイツ)=共同】馬術の障害飛越の2012年ロンドン五輪地域予選は10日、ドイツのアーヘンで行われ、35歳の杉谷泰造(杉谷乗馬ク)が日本選手では史上最多に並ぶ夏季五輪5大会連続代表に決まった。日本の夏季競技では射撃男子の蒲池猛夫、アーチェリー男子の松下和幹(ともに日本が不参加の1980年モスクワ大会を含む)、柔道女子の谷亮子が5大会連続で五輪代表入りしている。

この日行われた団体で日本は7位となり、五輪出場枠を逃した。その場合、かねて日本連盟は昨年10月の世界選手権で五輪の個人出場枠を獲得した杉谷を代表にすると決めていた。

杉谷はこの日の個人で東南アジア、オセアニア地区の選手で最上位となり、新たに日本へ五輪個人枠1をもたらした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン