/

東京五輪組織委員会、来春にも虎ノ門ヒルズへ移転

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、東京都港区にオープンした超高層複合ビル「虎ノ門ヒルズ」へ来春にも移転する見通しであることが20日、分かった。現在は東京都庁と近接の商業ビルに拠点を置いているが、職員が増えて手狭になるため。組織委幹部は「中枢部隊を来年3月ごろにも移し、都庁と連携の強い分野は残したい」と話した。

虎ノ門ヒルズは中央省庁が集まる霞ケ関に近く、東京五輪のアクセス道路となる都道環状2号線の真上に立つ好立地。約50人でスタートした組織委は最大で3千人規模に膨らむ見通しで、組織委の幹部は五輪が近づけば会場や選手村がある臨海部へ新拠点を開設する可能性も示唆した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン