/

なでしこ、中国下し1位 五輪アジア予選

中国に勝ち五輪予選1位通過を決め、笑顔で記念写真に納まる日本イレブン(11日、済南オリンピックスポーツセンター)=共同

【済南(中国)共同】サッカー女子のロンドン五輪アジア最終予選最終日は11日、中国山東省の済南市で行われ、既に3大会連続4度目の五輪出場を決めていた日本は中国に1-0で勝ち、通算4勝1分け、勝ち点13の1位で予選を終えた。

日本は控え組の選手を起用。後半12分に左CKから最後は田中(INAC)が蹴り込んで決勝点を挙げた。主将の沢(INAC)は出場しなかった。中国との対戦成績は日本の9勝6分け16敗。北京五輪以降は5連勝となった。

北朝鮮はタイを5-0で下し、勝ち点11の2位で2大会連続2度目の五輪出場を決めた。オーストラリアは韓国を2-1で下した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン