/

立石が平泳ぎ2冠 競泳のジャパン・オープン最終日

競泳のジャパン・オープン最終日は27日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル平泳ぎはロンドン五輪代表の立石諒(NECグリーン)が2分9秒07で100メートルに続いて制し、山口観弘(志布志DC)が2分9秒22の高校新記録で2位に入った。

女子背泳ぎの五輪代表、寺川綾(ミズノ)は非五輪種目の50メートルを27秒71で泳ぎ、100メートルに続く日本新で優勝した。同200メートル平泳ぎは鈴木聡美(山梨学院大)が2分24秒37で制した。

200メートル個人メドレーは男子を萩野公介(御幸ケ原SS)が1分58秒43で、女子は加藤和(山梨学院大)が2分12秒57で優勝。女子50メートル自由形は内田美希(スウィン館林)が25秒33の高校新で勝った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン