/

塚田、谷本の辞退受理 全柔連強化委、谷は格下げ

全日本柔道連盟は19日に開いた強化委員会で、女子63キロ級の谷本歩実(コマツ)と、同78キロ超級の塚田真希(綜合警備保障)の強化指定の辞退届を正式に受理した。谷本は2004年アテネ、08年北京五輪を連覇し、塚田はアテネ五輪で金メダルを獲得したが、ともに第一線を退く意向を示していた。

また女子48キロ級で北京五輪後戦列を離れている参院議員の谷亮子(オフィスリョウコ)の強化指定を、最高ランクのナショナルからシニアへ降格することも決めた。

五輪3連覇の実績を持つ男子60キロ級の野村忠宏(ミキハウス)を、10月にローマで行われるワールドカップ(W杯)に派遣することも了承した。野村は7月のW杯で約9カ月ぶりに実戦復帰し、準優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン