2019年1月18日(金)

猫ひろしさん、夢の五輪へ前進 別大マラソン自己新

2012/2/5付
保存
共有
印刷
その他

カンボジア国籍でのロンドン五輪出場を目指すタレントの猫ひろし(本名滝崎邦明)さん(34)が5日、別府大分毎日マラソンに出場、自己ベストを大幅に更新する2時間30分26秒で、夢の五輪へ一歩前進した。

自己ベストを7分以上更新した記録掲示板の前で、ポーズを決める猫ひろしさん(5日午後、大分市営陸上競技場)=共同

自己ベストを7分以上更新した記録掲示板の前で、ポーズを決める猫ひろしさん(5日午後、大分市営陸上競技場)=共同

これまでの記録は、昨年の東南アジア大会での2時間37分39秒。約7分を更新したレース運びに「バッチリや」と満足そう。ただ、まだ不透明さも残る五輪代表選考の見通しについては「ロンドンが見えてきた」と謙虚な答えで「次のレースでは2時間半を切りたい」と答えるにとどめた。

レースまでの3カ月半、カンボジアで40キロ走など月に約千キロを走り込み「やることは全部やった」という。この日は2時間半でのゴールを目安にレースに臨んだ。身長147センチ、46キロという小柄な体形ながら腕を大きく振る力強い走りで、自己ベストを更新するペースを刻んだ。

熱い声援を送る沿道のファンにも終始手を振って応えるなど、厳しいレースの中でも余裕を忘れなかった。ゴール付近にはカンボジア国旗の応援も見られた。レース後は充実した表情で「生ものなので(レース前)食べられなかったが、猫に関サバで、食べて帰りたい」と、大分名物をネタに笑いを誘った。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報