/

北京、大気汚染「最悪」に 欠航や高速道路閉鎖

【北京=共同】中国北京市周辺は6日も深刻な大気汚染に見舞われ、視界不良のため北京国際空港の発着便に欠航が出たり、北京と各地を結ぶ高速道路が通行止めにされたりした。北京市の大気汚染レベルは6段階で最悪の「深刻な汚染」(指数301以上)を記録。当局は住民に外出を控えるよう呼び掛けた。

大気汚染による視界不良のため一時通行止めになり、渋滞する北京と各地を結ぶ高速道路(6日)=新華社・共同

天気予報サイトによると、北京市の微小粒子状物質「PM2.5」を含めた大気汚染指数は6日正午(日本時間午後1時)で301。隣接する河北省の汚染も深刻で、同省石家荘では500に上った。

北京市中心街では数百メートル先のビルがスモッグで白くかすみ、車両は日中もヘッドライトを点灯して走向していた。中国メディアによると、北京国際空港では、視界が250~500メートルに低下したため、一部航空便の発着を取りやめた。

国慶節(建国記念日)の大型連休が7日で終了するのを控え、各地でUターンラッシュが始まったが、航空機の欠航や高速道路の閉鎖で混乱も予想される。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン