2019年9月18日(水)

プロ野球

長嶋、王氏のレリーフ新設 東京ドームの正面入り口

2014/3/23 14:28
保存
共有
印刷
その他

除幕式後、記念写真に納まる長嶋茂雄氏(左)と王貞治氏(23日、東京ドーム)=共同

除幕式後、記念写真に納まる長嶋茂雄氏(左)と王貞治氏(23日、東京ドーム)=共同

日本シリーズ9連覇など巨人の黄金期を支えた長嶋茂雄氏と王貞治氏をたたえ、東京ドームの正面入り口の両脇に両氏をデザインした大型レリーフが新設され、23日に除幕式が行われた。1988年に開場した東京ドームの25周年記念事業の一環。

レリーフはアルミ製で縦3メートル、横2.2メートル。三塁側にはヘルメットが飛び、勢いよく空振りしている「動の長嶋」が、一塁側には一本足打法で投球を待ち構える「静の王」がかたどられている。

長嶋氏は「腰が回って思い切って振っている。僕の代名詞のスイング」と懐かしそうに語り、王氏は「春の日に当たってより素晴らしい印象。私のトレードマークで、これからも多くの野球ファンに見てもらえることをうれしく思う」と喜んだ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。寺原は「一年でも長く野球をやりたいと思っていた私にチャンスをくれたスワローズには感謝しかない」と球 …続き (17日 12:42)

6回ロッテ無死満塁、田村が中前に勝ち越しの2点打を放つ(メットライフドーム)=共同

 ロッテ・田村には2割台半ばの打率には表れない勝負強さがある。六回、清田の同点打が飛び出したあとの無死満塁。チェンジアップに「泳がされた」といいつつ、うまくバットに乗せて中前への勝ち越し2点打とした。
…続き (16日 22:05)

8回ヤクルト無死、村上が左越えにこの試合2本目の本塁打を放つ(16日、マツダ)=共同

【ヤクルト6―4広島】ヤクルトが4本塁打を含む12安打で勝った。1―1の三回に山田哲が勝ち越し二塁打を放ち、四回に一発を打った村上が5―3の八回は35号ソロ。高橋は要所で変化球を決め、七回途中3失点で4勝目。広島は大瀬良がヤクルト戦初黒星。 …続き (16日 18:22更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。