2019年1月23日(水)

女子は新谷が初優勝 千葉国際クロスカントリー

2011/2/13付
保存
共有
印刷
その他

陸上の千葉国際クロスカントリー大会は13日、千葉市昭和の森で行われ、一般女子8キロは新谷仁美(豊田自動織機)が25分53秒で初優勝した。同男子12キロは鎧坂哲哉(明大)が昨年に続いて日本勢最高の4位に入り、ビダン・カロキ(エスビー食品)が3連覇した。

ジュニア男子8キロは八木沢元樹(栃木・那須拓陽高)が23分59秒で勝ち、同女子5キロは菅華都紀(岡山・興譲館高)が16分8秒で優勝。一般男子4キロは大西毅彦(NTN)が制した。

今大会は世界クロスカントリー選手権(3月・スペイン)の代表選考会を兼ねている。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報