/

携帯からツイッターで騎乗停止30日 中央競馬会が処分

日本中央競馬会(JRA)は15日、調整ルームで携帯電話を使用した大江原圭騎手を15日から6月13日まで騎乗停止30日とした、と発表した。

JRAによると、大江原騎手は14日、京都競馬場の調整ルームに入室後、携帯電話でツイッターを閲覧した際に誤ってリツイート(転送)した。この行為が、騎手としての注意義務を著しく怠ったものと見なされ、日本中央競馬会競馬施行規程により処分の対象となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン