/

今田、53位に後退 米男子ゴルフ第3日

【グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)=共同】米男子ゴルフツアーのウィンダム選手権は18日、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で第3ラウンドを行い、今田竜二は3バーディー、3ボギーの70で回り、通算3アンダーの207で53位に後退した。

66をマークしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)が通算14アンダーの196で単独トップに立った。1打差の2位にバド・コーリー(米国)、ティム・クラーク(南アフリカ)が並んだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン