/

宮里美が首位、宮里藍は2位 全米女子ゴルフ第2ラウンド

(更新)

【コロラドスプリングズ(米コロラド州)共同】ゴルフの全米女子オープン選手権は9日、米コロラド州コロラドスプリングズのザ・ブロードムア(7047ヤード、パー71)で日没のため持ち越しになった第2ラウンドを終了し、5位でスタートした宮里美香は5バーディー、1ボギーの67をマークし通算5アンダー、137で単独トップに立った。

同じく5位で出た宮里藍は4バーディー、1ボギーの68で通算4アンダー、138で1打差の2位につけた。

70の野村敏京は通算5オーバーで36位。8日にプレーを終えた横峯さくらは4オーバーの27位、諸見里しのぶは6オーバーの47位で、それぞれ決勝ラウンドに進んだ。

72の上田桃子は通算8オーバーの73位で1打及ばず予選落ち。79の馬場ゆかりは通算12オーバーで114位だった。

引き続き第3ラウンドを開始したが、雷雨のため宮里美、宮里藍はスタートできず、10日に競技を持ち越した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン