/

ローマの反格差デモ、一部暴徒化 負傷70人に

【ローマ=共同】ローマで15日に行われた反格差社会デモに紛れ込んだ過激派グループと警官隊との衝突は同日夜までに収束した。地元メディアによると、衝突の負傷者は警官や過激派メンバー、取材中のカメラマンら約70人に上った。

同グループは「ブラック・ブロック」と呼ばれる無政府主義系の集団で、大規模デモのたびに過激な行動で騒ぎを起こすことで知られる。

今回も駐車中の車に放火したのを皮切りに、商店の窓を割ったり、投石するなどして警官隊と衝突。けが人の中にはブラック・ブロックの暴走を止めようとした一般のデモ参加者もいた。

イタリアのベルルスコーニ首相は「無法者のグループによる暴力行為は非難、処罰されなければならない」との声明を出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン