2019年6月25日(火)

イタリア豪華客船座礁、船長を拘束 邦人は全員無事

2012/1/15付
保存
共有
印刷
その他

【ローマ=共同】イタリア中部沖のジリオ島付近で13日夜、地中海クルーズ中のイタリアの豪華客船「コスタ・コンコルディア」(乗客乗員約4200人)が座礁し3人が死亡した事故で、在イタリア日本大使館は14日、客船には団体ツアー客ら計43人の日本人乗客がいたが、全員の無事を確認したと明らかにした。

ANSA通信によると、地元検察当局は船長の身柄を拘束し、過失致死などの容疑で取り調べを始めた。船長はジリオ島に近づき過ぎ、船体の左側を岩礁にぶつけて穴を開け、浸水したとみられている。

当局は潜水作業員を投入し、船内に取り残された人がいないか調べている。ANSAは約20人と連絡が取れていないと報じた。

ANSAによると、乗客はほかにイタリア人989人、ドイツ人569人、フランス人462人など。乗員は約千人。

死亡した3人のうち2人はフランス人観光客、1人はペルー人の乗員でいずれも水死という。

船会社によると、コスタ・コンコルディアは2006年に就航し、全長約290メートル、11万4500トン。客室総数は1500で、13のバーや五つのレストランのほか、エステやジム、映画館、カジノも備え、世界有数の豪華さを誇る。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報