2019年9月23日(月)

バドミントン

バドミントンの無気力試合 備えるべき選手の誇り

2012/8/4 4:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バドミントン女子ダブルスで起きた無気力試合騒動にはあぜんとした。前日に取材していたなでしこジャパン・佐々木監督の正直な「2位狙い」発言にさえも少々驚かされていた身にはショックが大き過ぎた。

ネットやテレビで試合映像を見てさらに驚いた。世界ランク1位の中国ペア対8位の韓国ペアの1次リーグ最終戦で、準々決勝以降の組み合わせを有利にしたい両チームは故意にサーブをネットにかけるなどミスの応酬を続けたのだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

バドミントン 一覧

 男子シングルス決勝は北京五輪と同じ顔合わせで林丹(中国)が第1シードのリー(マレーシア)に2―1(15―21、21―10、21―19)で勝ち、この種目で初の2連覇を達成した。リーが2大会連続の銀メダ …続き (2012/8/6)

 垣岩令佳の話 1ゲーム目は緊張して、相手のコートに入れるということもできなかった。今はほっとした気持ちと、応援してくれた人たちへの感謝の気持ちでいっぱい。〔共同〕
…続き (2012/8/5)

 藤井瑞希の話 銀メダルという実感がなかったが、首にかけてもらってやっと実感が湧いてきた。メダルの重さにびっくりした。〔共同〕
…続き (2012/8/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。