/

ボーン・上田賞 峯村、大治両記者が受賞

国際報道で優れた成果を上げた記者に贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」の2010年度受賞者に、同賞委員会は7日、朝日新聞中国総局の峯村健司記者(36)と毎日新聞外信部の大治朋子記者(45)を選んだ。

峯村記者は、中国の安全保障、メディア規制など未公表の政策に関わる報道に積極的に取り組んだことが評価された。

大治記者は北米総局在任中、米国の「テロとの戦争」をテーマに取材。対テロ戦争の負の部分に光を当てた長期連載企画を完成させた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン